スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガビーン

以前から「209-500とE231では屋根上ビードの本数が違う」とは聞いていましたが、実際どれくらい違うのか?そして模型では?…っと気になっていたので、気合で数えました。

先頭車に関しては、下の写真のようにビードの途切れる部分で区切って数えます。
P1000474.jpg

この場合は左右9本、中9本です。

では早速。
E231系東急製(通勤型)
実車
先頭車:左右9本、中9本 合計27本(増備車・Tc901も同様)
中間車:27本(T'901)
模型(TOMIX製0番台)
先頭車:左右8本、中11本 合計27本 ※屋根板は新津と共通
中間車:数えてましぇ~んw
ちなみにKATOの東海道線(旧製品)の2両増結セットのサハは持っていないので、不明です。(もしかして209-500と屋根板共通?)

E231系新津製(通勤型)
実車
先頭車:左右8本、中10本 合計26本(T'c901も同様)
中間車:数えてましぇ~んw
模型(KATO製500番台)
先頭車:左右8本、中10本 合計26本
中間車:26本
TOMIX製0番台(常磐線)は東急製と屋根板が共通のハズなので、上記の通りです。

209系500番台
実車
先頭車:左右8本、中10本 合計26本
中間車:数えてましぇ~んw
模型
KATO製
先頭車:左右8本、中10本 合計26本
中間車:26本
TOMIX製
中間車:27本
先頭車は持ってないので不明です。


結論
実車に関しては209系500番台とE231系新津製のビード本数は同じと思われます。
そんな事よりもE231系では新津製と東急製で本数が違うって事の方がビビリマシタ。




ちなみにKATOのサハE531-2000は27本でした。

んー実車でもパッと見だけじゃ本数の違いなんてわからないんだから、模型ではシカトが無難かな・・・
もっと日本語の勉強しよっと(苦笑
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なんと、そんな違いがあったとは!知らぬが仏、スルーします!
因みにKATOの東海道サハ(旧=東急)は26本でした。

>味醂醤油さん
私も最初からスルーする気満々だったんですが、気になって眠れそうになかったもので…www
川重との違いならとにかく、1本の違いなんて数えないとわかりませんしw(むりろ数えないでわかる神はいらっしゃるのか…)

東海道サハの件、わざわざ数えて下さったのですね、ありがとうございます!m(__)m
26本ということは、やはり209系と共通っぽいですね。

本数を作り分けても、パッと見て分かってもらえるかが微妙ですしねぇ・・・。実車を忠実に再現しようと思ったら、かなり苦労しそうな予感が・・・。

TOMIX209-500先頭車の屋根ですが、たった今調べたところ
左右8本・中11本で合計27本でした。

>EF210さん
作り分けても自分でも恐らく分からないと思われますwww

>横ナハさん
情報ありがとうございます<(_ _)>そしてお手数お掛けしてしまい、申し訳ないです…
って事はやはりE231系の流用って事になりますね。
プロフィール

Mc101-130/BM GT-R

  • Author:Mc101-130/BM GT-R
  • 模型を作るのが趣味な大学生です。
    幼稚園児の頃からカーモデルを作り始め、中学1年生の時にNゲージにも手を出して今に至ります。

    ※トラックバックはスパムが多いので、機能停止中です。

    本館はコチラ

    みんカラはコチラ
カウンター 060825~
カテゴリー
最近の記事
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。