スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クハE231/230-0のシースルー床下を作る

一昨日E231系東海道線の新仕様のASSYパーツが発売されたので、早速先頭車用の床下を買ってきて、0番台(総武線仕様)化してみました。

東海道線仕様の先頭車の床板に、209系500番台(京浜東北線)先頭車の内装パーツとライトケースを含む運転台周り一式を移植する方法を採りましたが、東海道線仕様の床板と209系500番台では車体固定用の爪の位置などが異なる為、そのままでは移植出来ません。

まず、買ってきた東海道床下から、内装パーツ・運転台周り一式を取り外し、床板を次の写真の様に加工します。
P1030596.jpg

○で囲ってある部分を、写真下の様にします。
また、同時にトイレタンクも削除しておきます。

その後209系500番台(京浜東北線)の先頭車の床下の内装パーツを次の写真の下の様に加工します。
P1030612.jpg

ネジ穴のある突起の削除は、ピン止めタイプの台車を採用している総武線仕様にはありませんので、総武線仕様を使用する場合はこの加工は必要ありません。


これらの加工を終えたら東海道線の床板と209-500の内装パーツを組み合わせ、ライトユニットや209-500のライトケースを含む運転台周り一式を取り付けてとりあえず完成です。


P1030636.jpg

P1030624.jpg


しかしまだ総武線仕様の0番台になりきれていない箇所があります。
それはダミーカプラーの胴受けが湾曲タイプになっている点や、ジャンパ栓がクハE231/E230共に左側に付いている点、そして上の写真の通勤型にはないハズ(多分…)の○で囲ってある部分の機器がある点です。

その3つが挙げられますが、今回はダミーカプラーの交換のみやってみました。
せっかくなのでTOMIXの209系などに使われているダミーカプラーを使用してみました。
このダミーカプラーは形状が正確で、胴受けの中が抜けているので、KATOの物よりリアルです。KATOの101系用ダミーカプラーの胴受け分売してくれないかな…
KATOのE231系はダミーカプラーの上に車体固定用の爪があり、これがないと車体が少々浮いてしまいますので、これを残してカプラーを交換しました。

P1030644.jpg

P1030645.jpg

P1030647.jpg

元のダミーカプラーを大雑把に切り取って平坦に仕上げ、TOMIXのダミーカプラーを四角く切り、取り付けた際にカプラーがなるべく上にいく様にのりしろとなる部分を薄くして接着しました。
地味に面倒な作業です。E231-900の様にTOMIX製の車体を載せる場合はこの爪を切り取らなくてはならないので、もっと簡単にカプラー交換出来るかと思います。



P1030656.jpg

左:交換前 右:交換後
胴受けの中が抜けているので、見栄えが向上しました♪


後で気付いた事ですが、E231系500番台の新仕様のものをベースに、一部機器を交換した方が手っ取り早かったようです。。。

※上記の様に車体固定用の爪の位置が異なる為、若干車体と床下が分離しやすくなります。

☆おまけ☆
P1030620.jpg

一年前にクハ209-500の床下に東海道線旧仕様の床板から切り出した機器を移植してみたもの。
あまりにも面倒で、途中で断念。
東海道線の新仕様の発売が発表されたので、それを待つことにしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mc101-130/BM GT-R

  • Author:Mc101-130/BM GT-R
  • 模型を作るのが趣味な大学生です。
    幼稚園児の頃からカーモデルを作り始め、中学1年生の時にNゲージにも手を出して今に至ります。

    ※トラックバックはスパムが多いので、機能停止中です。

    本館はコチラ

    みんカラはコチラ
カウンター 060825~
カテゴリー
最近の記事
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。