スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライト点灯化について

お久しぶりです、相変わらず模型放置中のMc101-130です。

先日、当方のE231系800番台について以下のような質問を頂きました。
・ライトの点灯化はしているか。
・行先表示シールはBトレの前面にある行先表示機のモールドに貼っているのか、種車のライトユニット側に貼っているのか。

ライトの点灯化については以前から問い合わせが多かったので、まとめてこちらに掲載したいと思います。

P1040883.jpg

ライトユニットや床板などはKATOの209-500用を使用していますが、E231-800、209-1000では209-500やE231-0よりもライトが若干高い位置についている為、ライトから行き先表示機までの長さが短くなっています。

その為ライトケースの各部品を写真のように削って短くしました。(左の2つが加工後)


P1040876.jpg

表示機のプリズムも一部削って、短縮完了。
仕上がりは汚いですが、車体を載せてしまえば分りません。

なお、幕板は余剰となっていたKATOの東海道線旧製品用のライトケースから切り出し、列番も所定の位置に移設しました。
こちらもフィルムがあるので多少荒っぽくても無問題。
写真の通り、ステッカーはプリズム側に貼っています。
こうする事により、KATOのE231系などと並べてもそれほど違和感はありません。


P1040915.jpg

これで点灯化完了です。

そうそう、パーツを削った関係でライトのプリズムが一部むき出しになってしまうので、ビニールテープなどを貼って光がもれないようにしましょう。



<おまけ>


P1040906.jpg

前面パーツは表示機のモールドを削り、コンパウンドで仕上げています(左が加工後)
ライトのカバーガラスはTOMIXの209系のものを切り出してはめ込んでます。


P1040908.jpg

裏側はクリアーにクリアーグリーンを混ぜたものを吹き、その上から黒を吹いてグリーンガラスとフィルムを再現しています。
また、ライト横の突起もライトケースに干渉するので削り取ります。



P1040921.jpg

こんな面倒な事をやるなら、完全自作の方が良いかもしれません。

ちなみに作業は一部を除き去年の夏頃に運転会に向けてやっつけでやったので、かなりテキトーです。

この800番台、前面パーツはグリーンガラスを再現する時に車体と接着されていたのを剝してしまったし、埃被ってるし、とっても情けない状態になってます(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mc101-130/BM GT-R

  • Author:Mc101-130/BM GT-R
  • 模型を作るのが趣味な大学生です。
    幼稚園児の頃からカーモデルを作り始め、中学1年生の時にNゲージにも手を出して今に至ります。

    ※トラックバックはスパムが多いので、機能停止中です。

    本館はコチラ

    みんカラはコチラ
カウンター 060825~
カテゴリー
最近の記事
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。